• 2月 13, 2020
  • 2月 19, 2020

伊達政宗の甲冑・黒漆五枚胴具足

伊達政宗の兜はアメリカ好み!? 「伊達男」という言葉があります。 派手な衣装を好む者、粋な者といった意味があり、伊達政宗が由来であるといわれていますが、それは誤りです。 もともと「男だて」という言葉があり、男らしく振舞うといった意 […]

  • 2月 13, 2020
  • 2月 16, 2020

石川五右衛門が残酷な処刑をされた理由

豊臣秀吉の時代に出没した稀代の大泥棒・石川五右衛門の名は、多くの創作物が広まっているので知らない人はいないでしょう。 五右衛門に関する史料は少なく、その存在は長く疑問視されてきました。 しかし、スペインの貿易商ベルナルディーノ・デ […]

  • 2月 11, 2020
  • 3月 15, 2020

川中島の戦いが12年も続いたわけ

戦国時代に有名な合戦といえば、必ず挙がるのは川中島の戦いでしょう。 戦国屈指の猛者、武田信玄と上杉謙信の両雄による戦いは今聞いても心躍るものがあります。 この戦いは延べ12年も続いたのですが、信玄と謙信の戦いとはいえ、そこまで続く […]

  • 2月 2, 2020
  • 2月 16, 2020

戦国武将は比べてみると面白い!【特技】

戦国武将を項目ごとに比較してみると、違った一面が見えてきます。 今回は【特技】で比べてみました。 前田利家:ソロバン 加賀藩の藩祖で豊臣政権の五大老の一人である前田利家は、非常に勇猛な武将として知られています。 当時では珍しい18 […]

  • 2月 2, 2020
  • 6月 13, 2020

武田騎馬隊は本当に存在したのか

騎馬隊というと、鎧兜を身に着けた武士たちが見事な馬にまたがり、武将の号令で一斉に突撃していく。 そんなシーンを思い浮かべる方が多いと思います。 しかし、この騎馬隊が本当に存在したのか疑問視されています。 騎馬隊が存在しなかったので […]

  • 2月 2, 2020
  • 3月 14, 2020

明智光秀は「敵は本能寺にあり」と言わなかった

織田信長に反旗を翻した明智光秀が、自ら率いる軍勢に向かって「敵は本能寺にあり」と発し、それを鬨の声として大軍が本能寺に向かっていく。 創作物でよく見かける光景で史実だと思われていましたが、実は後に創作されたものでした。 光秀配下の […]

  • 2月 2, 2020
  • 3月 14, 2020

黄金の盃は見せしめではなかった

1574(天正2)年の元旦でのこと。岐阜の稲葉山城では織田信長による盛大な年賀の酒宴が開かれていました。 着実に勢力を広げている織田家の酒宴は大いに盛り上がり、信長もたいそう上機嫌でした。 宴もたけなわとなり内輪の宴となった頃、信 […]