徳川家康

東海一の弓取り・徳川家康の簡易年表

概要

江戸幕府の初代征夷大将軍で、海道一の弓取りの異名を持つ三英傑の一人です。

岡崎城主・松平広忠の長男として誕生し、幼少時に織田・今川の人質となりますが、桶狭間の戦で今川義元が織田信長に討たれると、旧領を取り返すべく岡崎城へと入りました。

やがて、三河を回復すると今川から独立し、信長と清洲同盟を結び、勢力を拡大していきます。

長らく敵対していた武田家を信長の助力を得て滅ぼし、駿河も手に入れ三国の大名となりました。

信長亡き後、豊臣秀吉と対立しますが和睦し、秀吉の天下統一に協力します。

秀吉の死後、関ヶ原の戦いにおいて対抗勢力に勝利し、征夷大将軍となり、江戸幕府が誕生します。

大坂冬・夏の陣で豊臣氏を滅ぼし、名実共に天下を統一して幕府の基礎を固めました。

亡き後、東照大権現として薬師如来を本地とする神格化され、「神君」、「東照宮」、「権現様」とも呼ばれ、信仰の対象となりました。

また、江戸幕府の祖として「神祖」、「烈祖」などとも称されました。

詳細

家系

始祖・先祖

家康の旧姓である松平氏は、清和源氏の一族・新田氏の末裔といわれています。

上野国新田郡世良田村徳川郷に住み得川を名乗り、その後三河国加茂郡松平郷の領主の娘婿となったのが、始まりとされていますが、その真偽は定かではありません。

所有品

家紋

定紋

徳川葵

替紋

替紋は使用していません。

簡易年表

  • 1542年 1歳 三河国岡崎城主、松平広忠の長男として生まれる。
  • 1548年 7歳 人質として今川氏に向かう途中、織田信秀に連れ去られる。
  • 1549年 8歳 人質交換として今川氏へ送られる。
  • 1555年 14歳 元服して次郎三郎元信と名乗る。
  • 1558年 17歳 今川義元の命で寺部城の鈴木重辰を攻める 。初陣。
  • 1561年 20歳 今川義元が、織田信長の奇襲にあい討死。故郷の岡崎城に入る。
  • 1562年 21歳 清洲城を訪問し織田信長と同盟を結ぶ。
  • 1563年 22歳 家康と改名。
  • 1566年 25歳 松平から徳川に改姓。
  • 1570年 29歳 遠江国の引馬城(浜松城)に居城を移す。
  • 1572年 31歳 武田信玄の上洛戦途上、三方ヶ原の戦で大敗。
  • 1582年 41歳 本能寺の変で織田信長死去。 堺より急遽岡崎に帰る。
  • 1586年 45歳 豊臣秀吉との和議成立。
  • 1590年 49歳 秀吉からの移封命令に従い、武蔵国江戸城を居城とする。
  • 1600年 59歳 関ヶ原の戦で西軍に勝利。
  • 1607年 66歳 江戸城から、駿河国駿府城に移る。
  • 1615年 74歳 大阪城を落城させ、豊臣氏を滅ぼす。
  • 1616年 75歳 駿府城にて死去、久能山に葬られる。