陶晴賢

西国無双の侍大将・陶晴賢の簡易年表

概要

周防国の戦国大名・大内氏の重臣です。

軍事面に興味を示さない大内義隆と不仲になり、天文20(1551)年、挙兵して義隆を自害させます。

大友宗麟の弟晴英を新当主として擁立することで大内氏の実権を掌握しました。

晴英の諱の1字をもらい、晴賢と名を改めています。

弘治元(1555)年、晴賢討伐を掲げて挙兵した安芸の毛利元就と厳島で激突し、毛利軍の奇襲攻撃によって本陣を襲撃されて敗北。逃走途中で自害しました。

簡易年表

  • 1521年 1歳 大内氏の重臣・陶興房の次男として生まれる。
  • 1539年 19歳 父が病没したため、家督を相続する。
  • 1540年 20歳 総大将の権限を与えられる。
  • 1542年 22歳 尼子領に侵攻するが、失敗する。
  • 1545年 25歳 相良武任を隠居に追い込み、大内家の主導権を掌握する。
  • 1550年 30歳 相良武任を暗殺しようとするが、失敗する。
  • 1551年 31歳 主君大内義隆に謀反を起こし、深川大寧寺に追い詰め自害させる。
  • 1552年 32歳 大友宗麟の弟晴英を新当主として擁立し、大内氏の実権を掌握する。
  • 1554年 34歳 安芸に侵攻してきた毛利元就を討伐に向かうが大敗する。
  • 1555年 35歳 毛利軍の奇襲にあい敗退。逃走途中で自害する。