CATEGORY

未分類

  • 2月 15, 2020
  • 3月 14, 2020

真田幸村という名の武将はいなかった

真田幸村は大坂の陣で徳川家康を切腹寸前にまで追い詰め、「日本一の兵(つわもの)」として他大名からも高く評価された人物です。 そして江戸時代には、娯楽作品に勇猛果敢な活躍が描かれ、庶民の人気を集めました。 ところが、真田幸村が周りか […]

  • 2月 15, 2020
  • 3月 14, 2020

豊臣秀吉は「さる」と呼ばれていなかった

豊臣秀吉が主君織田信長に「猿」と呼ばれて喜々として返事をする姿は、創作物によく登場するおなじみのシーンで、本やテレビで見たという方も多いでしょう。 しかし、信長に秀吉がそう呼ばれたという記録は残っていません。 信長が秀吉の妻ねねに […]

  • 2月 15, 2020
  • 3月 14, 2020

毛利元就の「三本の矢の教え」は創作だった

毛利元就の有名な逸話に「三本の矢の教え」があります。 病床に伏していた元就は、死の間際に三人の息子を呼びました。 長男隆元、次男吉川元春、三男小早川隆景それぞれに一本の矢を渡し、「その矢を折ってみよ」といいました。 三人は難なくそ […]

  • 2月 15, 2020
  • 3月 14, 2020

上杉謙信は塩を送っていなかった

「敵に塩を送る」ということわざがあります。 敵対関係にある相手でも苦しんでいるときには助けてあげるという意味で使われますが、上杉謙信の有名な逸話が由来になっています。 1567(永禄10)年、武田信玄が甲斐・相模・駿河の三国で結ば […]

  • 2月 15, 2020
  • 3月 14, 2020

織田信長が最初に謀反を疑った意外な人物とは

本能寺で宿泊していた織田信長が、謀反に気付いて最初に名前を挙げたのは意外な人物でした。 明け方午前4時頃に、急にあたりが騒がしくなり目を覚ました信長ですが、信長も小姓衆もこの喧噪を最初は下々の者の喧嘩と思っていました。 しかし、し […]

  • 2月 13, 2020
  • 2月 16, 2020

石川五右衛門が残酷な処刑をされた理由

豊臣秀吉の時代に出没した稀代の大泥棒・石川五右衛門の名は、多くの創作物が広まっているので知らない人はいないでしょう。 五右衛門に関する史料は少なく、その存在は長く疑問視されてきました。 しかし、スペインの貿易商ベルナルディーノ・デ […]

  • 2月 2, 2020
  • 3月 14, 2020

明智光秀は「敵は本能寺にあり」と言わなかった

織田信長に反旗を翻した明智光秀が、自ら率いる軍勢に向かって「敵は本能寺にあり」と発し、それを鬨の声として大軍が本能寺に向かっていく。 創作物でよく見かける光景で史実だと思われていましたが、実は後に創作されたものでした。 光秀配下の […]

  • 2月 2, 2020
  • 3月 14, 2020

黄金の盃は見せしめではなかった

1574(天正2)年の元旦でのこと。岐阜の稲葉山城では織田信長による盛大な年賀の酒宴が開かれていました。 着実に勢力を広げている織田家の酒宴は大いに盛り上がり、信長もたいそう上機嫌でした。 宴もたけなわとなり内輪の宴となった頃、信 […]

  • 2月 2, 2020
  • 3月 14, 2020

お市の方は、信長の妹ではなかった

お市の方は、織田信秀の五女で織田信長の13歳年下の妹です。 近江の大名・浅井長政に嫁ぎ、政略結婚ながらも一男三女をもうける仲睦まじい夫婦だったといわれています。 夫の長政は信長と敵対したため攻められ自害し、後に嫁いだ柴田勝家は豊臣 […]