CATEGORY

戦国物語

  • 2月 16, 2020

豊臣秀吉、敵兵をあわれむ

織田信長の後継者問題で対立していた豊臣秀吉と柴田勝家による賤ケ岳の戦いでのことです。 余呉湖西岸で、佐久間盛政軍と秀吉軍の激闘が繰り広げられました。 両軍の死者は合わせて8千人にものぼり、流れ込んだ血で余呉湖全体が赤く染まるほどだったといいます。 この戦いに決 […]

  • 2月 16, 2020

敵城にお泊り、伊達政宗

関ヶ原の戦いの発端となる会津征伐が行われたときのことです。 家康と上杉の戦いがあることを知った伊達政宗は、秀吉に会津を奪われた因縁から家康側につくことにしました。 しかし、開戦が急に決まったため、大阪にいた政宗はわずか50騎ほどで仙台に向かうことになりました。 […]

  • 2月 2, 2020
  • 2月 16, 2020

北条氏康、幼少の頃は臆病だった

生涯の戦いの中で一度として敵に後ろを見せたことがないといわれる北条氏康ですが、子供の頃はとても臆病だったと伝えられています。 北条氏康が12歳の頃、小田原に鉄砲が伝わりました。 さっそく、家臣たちは皆で撃ち方の練習を始めました。 その様子を見に来た氏康は、鉄砲 […]

  • 2月 2, 2020
  • 2月 16, 2020

細川幽斎が歌道を始めた理由

細川幽斎は若い頃、歌道は公家や女性のするもので、武士たる者が嗜むものではないといって興味を示しませんでした。 ある戦いでのことです。 幽斎が敵を追っていくと、そこには乗り捨てた馬だけが残っていて人影がありませんでした。 もう敵は遠くに逃げてしまったと思った幽斎 […]

  • 2月 2, 2020
  • 2月 16, 2020

黒田如水が初めて知った茶の味

黒田如水は、茶の湯が武将たちの間で流行りだした頃、刀も持たずに狭い部屋で人と席を共にするなど不用心きわまりないといって興味を示しませんでした。 ある日のこと、主人である豊臣秀吉から茶の湯に誘われました。他の者であれば断るところですが、主人の命には逆らえません。 […]

  • 2月 2, 2020
  • 2月 16, 2020

瓢箪から駒を実演する伊達政宗

大坂冬の陣でのことです。 豊臣側との和睦が成立し、暇になった諸将たちは景品を持ち寄って香合わせをすることにしました。 香合わせとは、数種類の香木を焚き、その種類を当てる遊びのことです。 徳川方として参戦していた伊達政宗もこの遊びに参加することにしました。 諸将 […]

  • 2月 2, 2020
  • 2月 16, 2020

加藤清正、遺言状は残さない

加藤清正が朝鮮に出兵していたときのことです。 清正は、同じように出兵してきている諸将とともに、秀吉に宛てて報告書を作成していました。 報告書の最後に署名をし、花押を添えました。 花押とは今でいうサインのようなもので、署名には花押を添えるのが当時のならわしとされ […]

  • 2月 1, 2020
  • 2月 16, 2020

豊臣秀吉、松茸狩りで上機嫌

ある秋の日のこと、秀吉は松茸狩りに出掛けたいと家臣に告げました。 そこで家臣たちが山に下見に行きますと、松茸は民衆に採りつくされてほとんど残っていませんでした。 肝心の松茸が無いのでは松茸狩りができません。 家臣たちは大急ぎで方々の村や山から松茸を買い集め、前 […]

  • 2月 1, 2020
  • 2月 16, 2020

城主を助けた美しき若武者の正体は

1600(慶長5)年7月、上杉討伐のために会津に向かっていた徳川家康は、途中の下野小山にて石田三成の挙兵を知り、直ちに小山評定を開いて今後の対応を協議しました。 交通の要所である安濃津城を確保するために、城主である富田信高と伊勢上野城主分部光嘉には先行して帰還 […]

  • 2月 1, 2020
  • 2月 16, 2020

織田信長、自ら膳を運ぶ

宣教師ルイス・フロイスが日本を訪れ、安土城で信長に謁見したときのことです。 そのとき信長は、フロイスに一言も言葉を掛けませんでした。 信長の様子は、手で合図するだけで家臣を動かしたり、一言声を発するだけで即座に何人もの家臣が返事をし、意のままに操っていた。とて […]