CATEGORY

戦国人物データ

  • 1月 5, 2020
  • 3月 29, 2020

北条氏康の人物像、年表、逸話、名言をわかりやすく紹介

北条氏康(ほうじょう うじやす)は、相模国の戦国大名で後北条氏第3代目当主です。 侵攻してきた扇谷上杉氏を元服直後の初陣にもかかわらず大将として迎え撃ち大勝するなど、若い頃から武勇に優れた名将でした。 あらゆる戦いで決して引くことがなく、氏康の体には無数の傷が […]

  • 1月 5, 2020
  • 2月 16, 2020

三日天下様・明智光秀の簡易年表

概要 織田信長の家臣で、本能寺の変を起こした武将として有名。 土岐氏支流の明智氏に生まれたと伝わっていますが、生年や生い立ちに不明な点が多く、父親の名前も伝わらないなど、土岐氏の中でも史料の残らない低い身分だったと推測されます。 斎藤義龍に明智城を攻められて後 […]

  • 1月 5, 2020
  • 2月 16, 2020

天下人・豊臣秀吉の簡易年表

概要 日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした三英傑の一人です。 織田家の足軽木下弥右衛門の子として誕生したといわれていますが、その出自には諸説あり、はっきりしたことは分かっていません。 若い時分より家を出て物売りをしながら放浪し、後に織田信長に仕えて軍功 […]

  • 1月 5, 2020
  • 2月 16, 2020

東海一の弓取り・徳川家康の簡易年表

概要 江戸幕府の初代征夷大将軍で、海道一の弓取りの異名を持つ三英傑の一人です。 岡崎城主・松平広忠の長男として誕生し、幼少時に織田・今川の人質となりますが、桶狭間の戦で今川義元が織田信長に討たれると、旧領を取り返すべく岡崎城へと入りました。 やがて、三河を回復 […]

  • 1月 5, 2020
  • 2月 16, 2020

日本一の兵・真田幸村の簡易年表

概要 信濃上田城主真田昌幸の次男として生まれました。 武田家の家臣であった真田家ですが、武田氏が滅ぶと父昌幸が独立。 これにより、幸村は上杉景勝や豊臣秀吉の下での人質生活を余儀なくされます。 関ヶ原の戦いでは、父と幸村は西軍に兄信之は東軍へと袂を分かつことにな […]

  • 1月 5, 2020
  • 3月 2, 2020

独眼龍・伊達政宗の人物像を完全網羅!

伊達政宗(だて まさむね)は、奥羽の戦国大名で伊達氏の第17代当主。仙台藩の初代藩主です。 出羽国米沢城で、伊達氏第16代当主・伊達輝宗の嫡男として生まれました。 「政宗」の名は、父の輝宗が伊達家中興の祖といわれる室町時代の第9代当主・大膳大夫政宗にあやかって […]

  • 1月 5, 2020
  • 4月 1, 2020

隻眼の天才軍師・山本勘助の簡易年表

概要 武田信玄に仕えた独眼で片足が不自由な軍事の天才といわれています。 三河牛窪の出身で、板垣信方の推挙によって信玄に仕えるようになり、次第に認められて足軽大将五人衆と称されるようになります。 信玄と上杉謙信が一騎打ちをしたとして有名な永禄4(1561)年の川 […]

  • 1月 5, 2020
  • 4月 1, 2020

合戦を変えた男・種子島時尭の簡易年表

概要 島津氏の家臣で種子島氏の第十四代領主です。 西村浦に漂着したポルトガル商人から鉄砲二挺を購入し、鍛冶職人八板金兵衛に命じて分解して調べさせ、鉄砲製造に成功しました。 これに因んで、鉄砲は種子島銃とも呼ばれ、戦国時代に大きな影響を及ぼす事になります。 数年 […]

  • 1月 5, 2020
  • 2月 16, 2020

西国無双の侍大将・陶晴賢の簡易年表

概要 周防国の戦国大名・大内氏の重臣です。 軍事面に興味を示さない大内義隆と不仲になり、天文20(1551)年、挙兵して義隆を自害させます。 大友宗麟の弟晴英を新当主として擁立することで大内氏の実権を掌握しました。 晴英の諱の1字をもらい、晴賢と名を改めていま […]

  • 1月 5, 2020
  • 2月 16, 2020

美濃の蝮・斎藤道三の簡易年表

概要 美濃の戦国大名で、斎藤氏初代当主です。 北条早雲らと並ぶ下克上大名の典型であり、僧侶から油商人を経てついに戦国大名にまで成り上がった人物だとされています。 美濃守護土岐氏の家臣長井景弘を討ち、守護代斎藤氏の名跡を継ぎ、土岐頼芸から美濃を奪いました。 天文 […]